【家で自分でハゲない予防はできる!】7つの頭皮に大事なこと。 | sanoblog

【家で自分でハゲない予防はできる!】7つの頭皮に大事なこと。

スポンサーリンク
未分類

男性だけに限らず、女性でも薄毛や抜け毛が気になる人も多いと思います。みなさんは薄毛や抜け毛の効果的な対策はできていますか?
大事なのは【頭皮環境】です!

毎日のシャンプー、乾かし方、生活習慣などいろいろなことで頭皮環境をよくすることができます。

お家で自分でできる予防方法をお伝えします。

薄毛や抜け毛対策に大事な頭皮環境とは?

頭皮環境とは頭皮の状態のことです。自分で頭皮を見る、判断することは難しいのです。
一体どんな状態が良いのか?頭皮に良いことはなんなのか?わからないことばかりだと思います。

毎日の生活で少し変えるだけでも効果的なことは、

1,毎日のシャンプー
2,ドライヤーでの乾かし方
3,スタイリング剤の付けた
4,頭皮がべたつくor乾燥している
5,食生活
6,睡眠時間
7,ストレス


この7つが頭皮環境をよくするために大事なことです!

1,毎日のシャンプー

毎日のシャンプーはとても大事。皮脂や汚れ、スタイリング剤をしっかり洗い流すことが大切。
効果的な洗い方は、

まず、濡らす時(予洗い)はしっかりお湯でしましょう。目安時間は3分間!これだけでも皮脂や汚れが浮き出てきます。
シャンプーの泡立てもモコモコになるようにしてから指の腹でこすります。
最後の流しも泡が残らないように念入りにしてください。

これを毎日するだけでも、皮脂や汚れがしっかり落ち、頭皮環境を良くする効果があります。

2,ドライヤーの乾かし方

お風呂上がりにドライヤーを使うと思います。大事なのは頭皮に近い根元の部分がしっかり乾いているか。
手の届きやすい前の方は乾いていることが多いと思いますが、耳後ろや後頭部、首回りが意外に乾いていないことも!
乾かしにくい(手が届きにくい)ところから先に乾かす事をオススメします。薄毛や抜け毛対策では、濡れた状態で放置してしまうと雑菌が繁殖してしまいます。頭皮に近い根元がしっかり乾いていることでとても効果的です。

3,スタイリング剤の付け方

スタイリング剤は油分でできているものがほとんどです。頭皮に近い根元にべったり付けてしまうのはよくありません。頭皮がベタつきやすくなってしまい、皮脂の過剰分泌や汚れの原因になります。毎日のシャンプーをしっかりすることで皮脂や汚れを落とし薄毛、抜け毛の対策につながります。

頭皮の状態がベタつく?乾燥している?

頭皮がベタついていると、スタイリングしても髪の毛が寝てしまったり、ボリュームが出にくい状態になります。
また、乾燥している場合が、フケのような頭皮の皮が出てきたりすることがあります。
状態に合わせたシャンプーを選ぶことが効果的です。乾燥しているのに洗浄力の強いシャンプーを使っているのは逆効果。
ベタつく頭皮や乾燥している状態は頭皮環境が良くない証拠。毎日使うシャンプーの種類やドライヤーの使い方で改善できるので、薄毛や抜け毛に効果が期待できます。

頭皮、髪の毛に良い食生活

代表的なものは海藻類。ミネラルが豊富で髪の毛の主成分のタンパク質の合成を促進してくれます。
発酵食品も頭皮、髪の毛に効果があります。キムチや納豆、ヨーグルなど。タンパク質、ビタミン、亜鉛などが豊富に入っています。髪の毛のもとになるケラチンの生成や血行促進効果で薄毛や抜け毛に効果があります。
脂っこいものばかり食べていると頭皮のベタつきにつながってしまうのでほどほどが良いと言われています。

睡眠時間

22時から2時(ゴールデンタイム)に髪の毛を作ると言われています。就寝中に成長ホルモンが分泌されるため睡眠が必要です。
睡眠をしっかり取ることでリフレッシュ効果もありストレス軽減や薄毛、抜け毛に効果が期待できます。

ストレス

ストレスを強く感じている時は頭皮に異常が出て抜け毛や薄毛の原因になることも。頭皮の乾燥、皮脂の過剰分泌、かゆみや吹き出物が出ることもあり薄毛、抜け毛につながる可能性があります。適度なリフレッシュや運動などで体を動かしストレス発散するのがオススメです。

頭皮環境を良くしリフレッシュ効果あり、血行促進、オススメメニューはヘッドスパ!!

まとめ

薄毛、抜け毛対策に大事なのは頭皮環境です。頭皮環境を良くするためには毎日のケアをしっかりすることがオススメです。自分でするシャンプーやドライヤー、食事、睡眠、ストレスなど少し気にするだけでも薄毛、抜け毛の対策になるのでお試しください。

タイトルとURLをコピーしました