【浮き毛(アホ毛)気になる原因は?】自分での隠し方と対処方法。 | sanoblog

【浮き毛(アホ毛)気になる原因は?】自分での隠し方と対処方法。

スポンサーリンク
未分類

髪の毛の分け目や前髪などに浮き毛(アホ毛)が気になるって人多いと思います。
なんで伸びないの?なんで立ち上がって目立つの?って感じることありませんか?

浮き毛(アホ毛)を生え変わりの時期や切れ毛が原因です。

そうなるのは仕方ないことですが、予防はできます!

浮げ毛(アホ毛)ができるのか?

生え際やトップの分け目によくある浮き毛(アホ毛)。

1.生え変わりの時期により抜けた髪の毛が伸びてきた。
2.前髪をかきあげるなどでよく触り髪の毛が切れている。
3,年齢とともに髪質が変わり細く弱くなっている。
4,産後のホルモンバランスの崩れている。

などの理由が考えられます。

1,生え変わりの時期による浮き毛(アホ毛)

健康な髪の毛であれば3年〜6年の間で抜け落ち、また新しい髪の毛が生えるサイクルがあります。また季節の変わり目なども生え変わる時期です。
新しく生えてきた髪の毛は当然短いので、浮き毛(アホ毛)になります。髪の毛が健康な状態での浮き毛(アホ毛)であればほっといても大丈夫です。

2,よく髪の毛を触り切れてしまう

最近、前髪を長くして後ろにかきあげるようなスタイルも定番になりました。長さがある分顔に髪の毛がたれてきます。この時に前髪をかきあげるために手ぐしを通します。これが一番切れる原因です。
また、クセ毛を伸ばすためにストレートアイロンを通したり、コテを使い巻き頻度が高いと切れる原因でもあります。
クシを使い髪の毛をとかす時も優しくするのがオススメです。

3,年齢とともに髪質が変わり弱くなる

年齢ともに髪質は変わります。髪の毛が細くなりハリやコシがなくなってくる場合があります。こうなると髪の毛は切れやすい状態になってしまうので、ハリやコシを出すシャンプーやトリートメントを使い髪の毛を強くすることをオススメします。そうすることで切れにくくなり浮き毛(アホ毛)になりにくくすることができる。

4,産後のホルモンバランスの乱れ、抜け毛

産後の抜け毛は2〜3ヶ月くらいから始まる人が多いようで、ホルモンバランスの乱れてしまい、産後による睡眠不足やストレス、栄養不足が原因だと言われています。
頭皮全体的に抜け毛は出てきますが、一番気になるのは生え際が薄くなった、おでこが広くなったという人がほとんどです。この毛が少しづつ生えてきて浮き毛(アホ毛)になります。

浮き毛(アホ毛)の予防は?

生え変わりの時期や切れ毛は仕方がありません。
どうすれば浮き毛(アホ毛)を予防できるのか?

1,髪の毛に良い食べ物が大事
海藻類はもちろん、発酵食品はとてもいいと言われています。キムチや納豆、ヨーグルトなど食べると効果があります。


2,髪の毛を丁寧に扱う
髪の毛を触りすぎるのはよくありません。触ることで切れる可能があります。お風呂上がりなどクシやブラシで髪の毛をとかすことがあると思いますが、強く引っ張るように通すのはよくありません。
コテやストレートアイロンを使う時も高い温度はNGです。髪の毛へのダメージも切れ毛につながります。


3,ハリ、コシ用のシャンプーやトリートメントを使う
髪質が細い人や加齢で細くなってしまった人は、ハリコシが出やするなるシャンプー、トリートメントがオススメです。そういったものを使うと髪の毛を強くすることができます。
また生え際などの産毛に近い細い髪の毛には、育毛剤なども効果的です。


4,普段のシャンプーで皮脂や汚れを落とし頭皮環境を良くする
毎日するシャンプーもとても大事です。お湯で濡らす時にしっかり頭皮をこするようにし汚れを浮かします。その後シャンプーを泡立て洗います。流し残しのないようにしっかり流す。これが頭皮環境をよくする仕方。頭皮環境が良くなると健康な髪の毛が生えやすい状態になるので、強くしっかりとした髪の毛が生えてくる期待ができます。

まとめ

浮き毛(アホ毛)ができてしまうのは仕方がない部分もあります。髪の毛には生え変わりの時期があるので、自然に抜け落ちた後は新しい髪の毛が生えてきます。この時に伸びかけの髪の毛が浮き毛(アホ毛)として気になります。
浮き毛(アホ毛)をなるべく作らないようにするには、普段の髪の毛のケアも大事になります。髪の毛を引っ張らないように優しく扱い、頭皮環境な食生活を良くすることで、髪の毛を切れにくくすることが大事です。

タイトルとURLをコピーしました