【白髪染めは何ヶ月の一度?】オススメ頻度と塗り方、カラー剤が大事 | sanoblog

【白髪染めは何ヶ月の一度?】オススメ頻度と塗り方、カラー剤が大事

スポンサーリンク
未分類

白髪染めってどれくらいに一回するのが目安なんだろう?って思ったことある人いると思います。
白髪の量、白髪が生えている場所は人それぞれです。

結論、
気になったら染める!でいいんです。

でも、頻繁にヘアカラーや白髪染めをしたら髪の毛の傷みが気になると言う人も多いと思います。それは染め方、カラー剤でダメージを軽減できます。

白髪染めをする頻度、染め方、オススメのカラー剤のご紹介をしていきます。

白髪染めをする頻度はどれくらい

あくまでも気になったタイミング。
オススメは白髪染めをする頻度は1ヶ月

この目安は白髪が多い人です。黒髪よりも白髪が多く自分で見えるところに白髪がある人。こういう人は絶対に1ヶ月が理想だと思います。

白髪と黒髪が全体の半分くらいの人は、1ヶ月半〜2ヶ月に一度白髪染めをするのがオススメです。

白髪より黒髪の方が多い人は、白髪が気になった時か根元のプリンが気になったタイミングがオススメです。2ヶ月〜3ヶ月以内が理想かなと思います。

理想の染めるタイミングなので、あくまでもオススメの目安です。
それよりも早い場合でも大丈夫ですが、2〜3週間で染めるのは少し早すぎるように感じます。

ダメージを気になる人には?

白髪染めをしすぎると傷むと思っている人も多いと思います。実際、普通のカラー剤に比べるとしっかり染める白髪染めの方がお薬が強いです。

どうすればダメージになりにくいのか?

1,頻度
2,塗り方
3,カラー剤
4ヘアケア方法


これで髪の毛への負担を少なくし、ダメージを軽減することができます。

1,染める頻度

人それぞれ白髪の量が違うため、頻度もバラバラになります。染める頻度が多いほどダメージになりやすいです。
1ヶ月で染める人と3ヶ月で染める人では、年に8回もの染める頻度の差があります。もちろん白髪染めをする頻度は少ない方がダメージになりにくいです。

2,カラー剤の塗り方

白髪染めをする人は、根元の白髪が気になったら染める人がほとんどだと思います。毎回染める時に全体(根元〜毛先まで)お薬をつけているとダメージで髪の毛が硬くなってしまいます。
オススメは、伸びたところだけを染まる。根元から髪の毛は生えてきます。根元の髪の毛は毛先よりすごく健康や状態です。リタッチ(根元だけ)を染めることで、毛先にお薬がつかないのでダメージになりにくいです。

3,オススメのカラー剤

最近の白髪染めのお薬もいいものが増えてきています。オススメはオーガニックのカラー剤です。オーガニック系のものは自然な成分でできていて、科学成分が少ないのが特徴で、白髪はしっかり染まるけどダメージが少なく、仕上がりに艶や出るものでオススメです。白髪染めは繰り返しするものなので、ダメージが気になる人にはオススメです。

4,髪の毛のケア方法

白髪染めだけではなく、髪の毛のケアも大事です。
色持ちなどを考えるならシャンプー、髪の毛のダメージを気にするならトリートメントが大切になります。
白髪染めを繰り返すと髪の毛が硬くなってしまい、艶もだにくくなります。しっとりさせるものや柔らかくする成分が入っているものがオススメです。

市販の白髪染めは傷む!

市販でされる方も多いと思います。ですが、市販の白髪染めはとてもお薬が強く、ダメージになりやすいです。
誰でも簡単にできるように作られているからです。
市販の白髪染めをし続けているとダメージが蓄積し、パーマ系(パーマ、デジタルパーマ、縮毛矯正、ストレートパーマ)ができない状態になってしまうこともあります。
ダメージにならないようにするには、毎回毛先まで薬をつけるのではなく、根元(リタッチ)のみを染める方法が理想的です。その方が圧倒的にダメージを抑えることができます。

市販の白髪染めのメリットもある

もちろん市販の白髪染めが絶対ダメなわけではないのでメリットもあります。

1,値段が安い
2,家で手軽にできる
3,市販の白髪染めの方が明るく染めることができる

1,白髪染めの値段が安い

薬局などに売ってる市販の白髪染めはお値段がお手ごろです。1000円前後でお薬を買うことができます。
美容室では美容師が綺麗に塗ってくれて、後ろもムラなく染めれます。この時の技術料がかかってしまいます。自分で染める分お安く済ますことができます。

2,家で簡単に自分でできる

市販の白髪染めでもクリームタイプと泡タイプがあると思います。クリームタイプは狙ったところにつけやすく、根元だけや見えるところだけを染めることができます。
泡タイプのものは、カラー剤を頭につけて揉み込むことで泡立ち、全体をムラなく染めやすいものです。
塗って、時間を置いて、流すだけととても簡単です。

3,市販の方が明るく白髪染めできる

市販の白髪染めはとても強いお薬です。
実は、市販の白髪染めの方が明るく白髪を染めることができます。どうしても暗い仕上がりが嫌!という人は市販のものの方がオススメかもしれません。

まとめ

白髪染めをするタイミングは人それぞれです。白髪が気になるのは個人差があるので、気になった時にするのが一番オススメです。その時の薬の塗り方やカラー剤の種類、お家でのケアがとても大切になります。

タイトルとURLをコピーしました